【栃木県 お土産 選ぶならココ】栃木県のお土産に益子焼以外にも有名な陶器があります。

栃木県と言えば「益子焼」と近くには「笠間焼」が有名ですよね。
栃木県の八溝山中小砂地区には二酸化ケイ素が多く陶土として良質な土が出ます。江戸時代に水戸藩主徳川徳川斉昭(なりあき)公がこの地の良さに気付き、製陶させたのがはじまりと言われています。当初から160年の製陶を行っている藤田製陶所さまをご紹介します。一般的には益子焼が有名なのですが、こちらの小砂焼(koisagoyaki)は全国的にも地元でも知る人ぞ知る逸品。古くから製陶に従事されている方々は色・ツヤ・手触りを重視した日常品を主に製作していたから、人間国宝とかはおりませんが、現在6代目の藤田眞一さんの師事のもと7代目悠平さんが伝統をつないでいます。(2016年6月12日放送のNHK「小さな旅」でも紹介されていました。)
秘伝の釉薬(yu-yaku)をかけた黒地に金結晶(kinkeshou)や鉄赤など陶器の景色はおもわずほれぼれしてしまいます。
お値段も控えめで「えっ!!このクオリティでこの価格?」という位、安くて良いモノを買えたなと思いました。
里山の雰囲気もとっても素敵なので一度行ってみてはいかがでしょうか。

「小砂焼」に関してインターネット上にも評判やクチコミも上がってるからためしに見てみて。
ヤフー検索から「小砂焼」の一覧を見る

 

合資会社 藤田製陶所 地図はこちら
〒324-0611 栃木県那須郡那珂川町小砂2710
℡0287-93-0703/月曜定休/E-mail  fujita-koisago@nifty.com

 

栃木県お土産小砂焼